Diosa(ディオーサ)髪のコンシーラー

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(オープン価格) 1,000円前後

パオンの白髪染めシリーズの白髪隠し。ピンポイントの白髪・地肌隠し向き。広範囲の白髪、頭頂部に使うのはおすすめできません。

 

商品の使いやすさ ⇒ 

チップで白髪に直接つけるタイプの白髪隠し。アイシャドーのような感じで使え、濃淡がつけやすいので自然に仕上がります。チップが小さいので、広範囲の白髪をカバーするには不向き。

 

使用後の感じ ⇒ 

髪がパリパリにならないので、見た目は自然です。手で触ると色が落ちて、手についてしまいます。まとめ髪の時、表面に出ている白髪を隠すのに向いていると思います。

 

白髪の隠れ具合 ⇒ 2

生え際の少量の白髪を隠すにはかなり有効。でも長い白髪、多い白髪を隠そうとしたら大変です。白髪がほんの一部にあるという人や、髪をまとめた時に見える部分のみを隠したいという人におすすめ。

 

色落ちの具合 ⇒ 2

濡れたり触ったりすると色が落ちます。つけたてより、時間が経って乾くと多少落ちにくくなりますが、触らない方が無難です。服や手につくと、今度はなかなか色が落ちません。

 

価格 ⇒ 

チップ付きで1000円弱で売られています。ドラッグストアやスーパーで手軽に買え便利。生え際やポイントの白髪を隠すだけなら、長く使えて経済的です。一方、量の多い白髪を全部隠すには時間もかかりますし、たくさん使うのですぐ無くなってしまいます。

 

細かい白髪を隠すのには最適。でも・・・

パオンのディオーサは、白髪染めシリーズの名前です。1剤・2剤を混ぜて使う白髪染めも出ていますが、白髪隠しは「髪のコンシーラー」という名前で販売されています。

 

ちょうどアイシャドーチップと同じくらいの大きさのチップで、これまたクリームタイプのアイシャドーそっくりの中身をつけます。

 

ぽつんと一か所に生えてくる白髪や、生え際の髪、まとめた時に目立つ白髪をカバーするのにはとても便利。

でも、量の多い白髪に塗って隠すには、チップが細かすぎて大変です。

まとめた時に目立つ白髪とか、生え際に出て目立つ白髪をカバーするのに向いてますね。

白髪隠しには色んなタイプがあります。出始めの頃よくあったマスカラタイプは、細かいところに使えて便利だけど、乾くと髪がパリパリになってしまうとか、自然に仕上がらないという難点がありました。

最近多い筆タイプも、マスカラタイプよりは広範囲に使えるし塗りやすいんですが、やっぱり乾くとパリパリになります。

ほんのちょっとの白髪を隠すのに使って、そこだけがパリパリして質感が違うと目立つので、どうもイマイチだと感じてしまうんですよね。

 

その点、アイシャドータイプのDiosa髪のコンシーラーは、髪の質感も変わらず白髪を隠すことができて良かったです。

ただ、白髪の量が多かったり、薄毛のせいで地肌が見えてしまう、という人には、Diosaじゃない白髪隠しの方がいいですね。

私が使った中では、汗をかいたりしないならレフィーネヘアファンデーション、汗をかいても色落ちしないのが良ければアートミクロンが良かったです。

と、いうわけでDiosa髪のコンシーラーは、白髪が出始めた人・一か所を隠したい人に向いている白髪隠しでした。

 

こちらもどうぞ

プリオール ヘアファンデーション

資生堂プリオールシリーズの白髪隠し。クリームファンデーションをブラシでつけるタイプです。ブラシの毛足が長く、髪の根元につけやすいです。ミラーが大きくて、見やすい点もポイントが高い。扱いやすく落ちにくい、なかなか良い白髪隠しでした。

グリーンノート ヘアカラーファンデーション

髪染めのヘナを販売している、グリーンノートのヘアカラーファンデーション。自然な成分で作られ、使い心地も軽く頭皮にダメージがありません。粉がちょっと落ちるのが玉に瑕。

DHC Q10クイック白髪かくし

DHCQ10シリーズの、クリームファンデーションタイプの白髪隠し。付属のブラシで簡単に使え、ウォータープルーフで汗・水に強いため色落ちしにくいです。伸びて白線状態になった白髪を隠すのに最適。

アモロスヘアーファンデーション

ファンデーションタイプの白髪隠し、アモロスヘアファンデーションで白髪を隠してみました。使い心地をレビューしています。

レフィーネヘアファンデーション

コンパクトに収まった、クリームファンデーションタイプの白髪隠し。頭頂部や分け目など、広い範囲の白髪をスポンジで隠せます。靴墨のような質感で、ちょっと粘り気が強いですが、汗にも水にも強いです。

 


このページの先頭へ戻る