グリーンノート ヘアカラーファンデーション

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(Amazon参照) 3,600円

ヘナを使ったヘアケア品を作っている、グリーンノートが発売している白髪隠し用ファンデーション。固形のクリームを、スポンジでつけるタイプ。刺激がないので地肌にもつけられます。

 

商品の使いやすさ ⇒ 3

顔に使うファンデーションと同じように、スポンジにとって白髪に色をつけるタイプです。広い部分の白髪と、薄毛のため透けて見える頭皮を隠すのに最適。

つけた後は手で触れば色がつきますし、入浴や汗をかく運動はできません。帽子もかぶれないので、使う場面は限られますが、白髪はちゃんと隠せます。

 

使用後の感じ ⇒ 3

粘り気が強く、マットな仕上がりなので白髪は見えず、自然な仕上がりといえます。変にツヤが出たり、赤味が強いのは嫌だという人に向いているという印象。

 

白髪の隠れ具合 ⇒ 

表面の白髪はしっかり隠れます。顔周りのちらほら白髪を隠すのには不向き。白髪より、薄毛の状態を隠すのに便利だと思います。ほかのメーカーの、ファンデーションタイプの白髪隠しに比べて粘りが強く、色が濃くつきやすいと感じました。

 

色落ちの具合 ⇒ 3

少々雨に当たったくらいでは色は落ちませんが、地肌に汗をかくと流れます。地肌が透けて見えるのを防ぐために使うなら、水分は絶対に避けたいですね。

落とすときにはシャンプーで。洗浄力の弱いシャンプーだと、地肌に残ることがあるようです。成分には害はなさそうですが、ちゃんと落としておいたほうがよさそう。

 

価格 ⇒ 3

3600円ほどと、ちょっとお高め。粘り気が強い分、何度も重ね塗りしなくても白髪は隠れます。

 

刺激がないから地肌についても安心。粉が落ちるのがちょっと気になりました

粉末ヘナや、自然派のシャンプーなどを作っているグリーンノートから発売されている、白髪隠しファンデーションを使ってみました。

合成色素やシリコン、鉱物油などを使わない製品をたくさん作っていて、この白髪隠しも肌に刺激がないみたい。

ファンデーションタイプのものは、薄毛の状態も隠してくれるから重宝ですけど、刺激が強いと困りますからね。肌に優しいのは助かります。

肝心の白髪が隠れるかどうかは、使ってみないとわからない。早速、つけてみることに。

 

どの部分の白髪が一番目立つかは、人によって違うと思います。私の場合は頭頂部なんですよね。

しかも白髪の量が多いので、小さなブラシ状のものでは太刀打ちできません。パウダーと定着スプレーをセットで使うタイプか、この製品のようにファンデーション形式のものが、広く隠せて便利だと感じますね。

 

ではこの白髪を隠します

 

本来は別売りのコンパクトケースにセットして使うんですが、買ったときケースは売り切れだったんですよ^^;

なので不本意ながらむき出しで使いましたが、家の中でだけ使うなら、この状態でもアリですね(笑)

箱はしっかりしてるし、プラケースに入ってるので特に困ることはありませんでした。

 

スポンジは使うと真っ黒になるので、その収納方法さえ気を付ければいいのかな、という感じ。

スポンジに含ませたクリームを、白髪の部分と、地肌が目立ってしまう部分につけていきます

薄毛をカバーできるといっても、頭皮に直接べったり塗り付けちゃうと、不自然になっちゃうんですよね。だから白髪をちょっと引っ張って、根元ギリにつけるようにします。

頭皮についても問題ないんですけどね。塗りつぶしたみたいになると、変だから。

 

ファンデーションタイプの白髪隠しは、ちょっと前までは靴墨みたいな質感のものが多かったように思います。

最近のは、ほんとに顔につけるファンデーションみたいな使い心地のものが多いんですけど、このグリーンノートのヘアカラーファンデーションも、パウダリーファンデみたいな使い心地で軽いです。

ただ粉がちょっと落ちやすいので、つける時は念のため、ケープとかタオルを肩回りに巻いておくといいかな、と思います。

 

さて塗り付けた後の状態がこちら

隠れますね~。色はダークブラウンを選んだんですが、私の髪色にも合ってよかったです。

 

隠れ具合は写真の通り、なかなか良かったんですが、使用中は触ると手に色がつくので、注意が必要です。

同じタイプでも、乾くと手につかないものもあるので、その点ではちょっと残念かなと思いました。

あとね、やっぱりパウダリーぽい分、粉になりやすいですね。

出かけて外を歩いていて、本当に細かいんですが粉が落ちました。季節や服装によっては、汚れているように見えてしまうかも。長い時間のお出かけや、薄着の季節、白い服を着る時には避けた方がいいのかなって感じでしたね。

 

シャンプーで落とすのは簡単で、地肌に残ったりもしませんでした。日常的に短い時間や、あまり活動しない時に使うなら、肌にも優しいし良いかもしれません。

へんにギラギラした艶が出ないのも、自然に見えていいですね。

個人的には、パウダーとスプレーの定着するタイプがやっぱり便利だなぁと感じました。

グリーンノートのヘアカラーファンデーションは、ヘナをはじめ椿油、カミツレエキス、ローズマリー、褐藻エキスなど植物成分が豊富に含まれているので、髪・地肌にダメージがない自然派のものを使いたい、という人にお勧めな白髪隠しでした。

グリーンノートの販売ページはこちら

 

こちらもどうぞ

プリオール ヘアファンデーション

資生堂プリオールシリーズの白髪隠し。クリームファンデーションをブラシでつけるタイプです。ブラシの毛足が長く、髪の根元につけやすいです。ミラーが大きくて、見やすい点もポイントが高い。扱いやすく落ちにくい、なかなか良い白髪隠しでした。

DHC Q10クイック白髪かくし

DHCQ10シリーズの、クリームファンデーションタイプの白髪隠し。付属のブラシで簡単に使え、ウォータープルーフで汗・水に強いため色落ちしにくいです。伸びて白線状態になった白髪を隠すのに最適。

アモロスヘアーファンデーション

ファンデーションタイプの白髪隠し、アモロスヘアファンデーションで白髪を隠してみました。使い心地をレビューしています。

レフィーネヘアファンデーション

コンパクトに収まった、クリームファンデーションタイプの白髪隠し。頭頂部や分け目など、広い範囲の白髪をスポンジで隠せます。靴墨のような質感で、ちょっと粘り気が強いですが、汗にも水にも強いです。

Diosa(ディオーサ)髪のコンシーラー

白髪染めDiosaのシリーズで、クリームファンデーションタイプの白髪隠し。チップで使うので、広い面にも細い場所にも使いやすいです。使っている様子を紹介しています。

 


このページの先頭へ戻る