ポーラ カラークイックブラシ

管理人の評価(平均:2.6点)
価格(税込) 2,592円

化粧品メーカーのPOLAが、ヘアケアシリーズグローイングショットから発売している白髪隠し。変わった形状で持ちやすい。生え際や分け目の、目立つ白髪に。

商品の使いやすさ ⇒ 3

円柱の両端を削ったような形で握りやすく、滑り止めもついているので使いやすいです。乾きやすくするために揮発性が高くなっているらしく、マジックペンのような独特な匂いがします。

 

使用後の感じ ⇒ 2

ブラウンを選びましたが、真っ黒になりました。そしてなかなか色がつきません。完全に乾くまではパリパリした感じになり、あまり自然な仕上がりではありませんでした。

 

白髪の隠れ具合 ⇒ 3

元の髪が暗い色の人には合うかも。繰り返し塗らないと色がつかないので、ちょっと手間はかかります。ブラウンでもかなり暗い色なので、髪の色が明るい人には違和感が出てしまうかも。

 

色落ちの具合 ⇒ 3

乾いた後は触っても手につきません。流れるような汗をかくと多少落ちますが、ちょっと濡れたくらいなら大丈夫ですね。シャンプーすると落とせます。

 

価格 ⇒ 2

色が残らない白髪隠しとしては高いです。少しずつ染まっていくタイプのものと、同じくらいの価格です。

 

同じ機能で、もっと安いものも・・・

POLAのヘアケアシリーズ、グローイングショットは育毛剤で有名ですが、そのシリーズ内の白髪染め・白髪隠しもあると聞き、使ってみました。

最近よく見る、マーカータイプですが

形状がちょっと変わってます。円柱形なんだけど、両側をまっすぐ削り落としたような感じで、握りやすいです。

キャップを開けてまず感じるのが、シンナーみたいな独特のニオイ

 

マーカータイプはたいがい、この匂いがするんですがちょっと強い気がしますね。

 

さて、それではこの白髪を隠してみます。色はブラックとブラウンの2色展開なので、ブラウンにしてみました。

白髪の根元から色がついてるところまで、シュッシュッと撫でるようにしてつけていきます。

ですけど、なかなか色が出なくてちょっと手間取りました。新しいからかなと思ったんですけど、何度も重ねて塗らないと色が出にくいみたいです。

 

なかなか色が乗らないので、コーム部分を外してみることに。

 

最近発売になってるこのタイプは、コームが外せるようになってるのが多いですね。コームがついてる方が、地肌や顔に色がつかなくていいんですが、ちょっと塗りづらい点も。

しっかり色をつけるために、コームを外してしっかり塗りつけてみることにしました

 

この状態だと、地肌や手指にも色がつきやすいんですけどね。髪にもしっかり色がつきます。白髪の生えてる状況に応じて、使い分けるといいのかなと思います。

さて隠した感じはというと

 

うーん。黒い・・・

私は髪の色が赤いので、明るいブラウンを選んだんですけど、「黒だったっけ?」って思ったくらい黒いです。そのため、白髪だとは思われなくても、染めてから時間が経った人みたいになっちゃいました。

 

目立たせないためには、元の髪の色と近い方がいいので、これはちょっとなー、と思っちゃいましたね。元の髪が暗めの色なら、自然に隠れたかもしれません。

色がつくまで繰り返す回数も多めにかかるし、色が少しずつ残るわけでもないのに、この値段じゃリピートはしないかな。と思った白髪隠しでした。

 

こちらもどうぞ

フラガールポイントカラー

サロン専売品を作っているメロスから販売されている、白髪染めシリーズ「フラガール」の白髪隠しです。使いやすいフェルトペンタイプ。

ドクターシーラボ 簡単ひと塗り白髪カバー

化粧品メーカーのドクターシーラボから発売された、マーカータイプの白髪隠し。地肌につきにくく、白髪はさっと隠せる機能的なタイプです。

CIELO(シエロ)コーミングカバー

ヘアカラー品をたくさん作っているHoyuから販売されている、白髪隠しです。CIELOコーミングカバーは値段も安く、手指も地肌も汚れない方式で自然に白髪が隠れます。

 


このページの先頭へ戻る