シラガゼロ ポイントリッチヘアカラー

管理人の評価(平均:3.2点)

※追記:公式ページに閉鎖のお知らせが掲載されています。現在は販売を行っていないようです。

長めでコシのある筆が使いやすい白髪隠し。使い続けていると少しずつ白髪が染まります。筆タイプの白髪隠しの、元祖的製品。

商品の使いやすさ ⇒ 

筆タイプの白髪染め。長めのブラシはコシが強く白髪に1本ずつ塗りつけるのに適しています。軸の太さや長さもちょうどよく、一部分の白髪を隠すには、とても使いやすいです。

 

使用後の感じ ⇒ 3

乾いた後、ちょっとパリパリした感じになりますが、セットした髪に違和感がないなら問題ないと思います。根元が自然にふんわりというわけにはいかないので、自然な感じがよ好きな人には、ちょっとキビシイかも。

 

白髪の隠れ具合 ⇒ 

広範囲に塗るのは大変ですが、細い場所に少しずつ塗るのには適しています。白髪の量が多い人より、ちらほらと白髪が出てきた人向きだと思います。

液がついたあとは、パリパリした感じになるので、自然な仕上がりではないです。

 

色落ちの具合 ⇒ 3

一度乾けば、水に濡れなければ落ちません。この点は標準的ですね。乾いてから触ると、マニキュアが薄く剥がれたような粉末が手につきます。

 

価格 ⇒ 2

10gあたり1986円と割高です。単にその場で白髪を隠すだけでなく、使い続けていると白髪に色がついていくので、使う頻度は徐々に変わっていくと思います。

白髪が生えてくるのが一部分の人、まとめた髪の分け目だけが隠れればいい、という場合に向いています。

使ってみて。

シラガゼロポイントリッチカラーは、筆タイプの白髪隠し・白髪染めです。筆の部分が長めで、根元から塗りやすいのがポイントです。

筆の毛質もしなやかで肌あたりも柔らかいです。

 

軸の下部分で開閉ができるようになっており、押すと液が出るようになっています。最初は出づらいのですが、だんだんたっぷり出るようになるので、使う時は灰皿のようなもので液を均等にブラシになじませるといいですよ。

シラガゼロポイントリッチカラーは、テレビ通販で人気が高かった製品だそうです。白髪をその場で隠すだけでなく、白髪に色が少しずつついていきます。

 

最近では同じように使いやすい筆タイプの白髪隠しが出てきましたが、元祖といっていいと思いますね。

 

色は何色かあるんですが、どの色もあまり変わらない印象がありました。私はダークブラウンが好きで使うんですけど、ちょっとずつ明るいブラウンに染まります。

エナメル状の液はあまり広がらず、ピンポイントにつきます。隠したい白髪1本だけにつけようとせず、周りの数本にからむようにつけるとうまくできますよ。

液をつけた後は乾くまで触らないようにします。乾いた後も、整髪料をつけたようにパリパリになりますから、指で髪を梳くように触らないようにした方が良いですね。

濡らすとすぐに色落ちします。したたるような汗をかかないようにした方が良いです。

 

ファンデーションタイプのものは広範囲の白髪を隠すのに向いていると思いますが、白髪が見え始めたばかりとか、一部分だけが白髪になっているという人には、筆タイプの白髪隠しの方が使いやすいと思います。

現在ではテレビショッピングでの扱いはなく、楽天市場でのみ販売しているようですね。

こちらもどうぞ

カラーニュ 美容液ヘアマスカラ

美容液成分を多く配合した、少しずつ染まるタイプの白髪隠し。生え際や、1本だけ目立つ白髪に使うのに向いてます。ブラシの形状に工夫があって、マスカラタイプは苦手という人にも、使いやすそう。

利尻白髪かくしパウダー

色々な白髪染めを販売している利尻昆布シリーズの、地肌と白髪をいっぺんに隠せるパウダーと定着スプレーを使ってみました。白髪を隠してみた様子を、写真付きで紹介しています。

フラガールポイントカラー

サロン専売品を作っているメロスから販売されている、白髪染めシリーズ「フラガール」の白髪隠しです。使いやすいフェルトペンタイプ。

ブローネ ポイントカバー

白髪染めブランドのブローネから販売されている、マスカラタイプの白髪隠しです。生え際や分け目の白髪を、外出前にささっと隠せて便利です。

マキアレイベル ナチュラルヘアカラーリタッチ

「薬用クリアエステヴェール」という美容液ファンデーションで有名なマキアレイベルシリーズの白髪隠し。長さ・柔らかさがちょうどいい筆タイプで優秀です。

ビゲン おでかけ前の生え際かくし

白髪染めの大手メーカー、ビゲンの生え際用白髪かくし。本体はコームと一体型になっていて、柔らかな速乾性の泡で白髪を隠します。水分には弱いけれども、すぐに乾くので、出かける直前に使えます。

 


このページの先頭へ戻る