染めるのと隠すの、どっちが良い?

白髪染めとおしゃれ染めの違いについて、美容師さんにお聞きしたことがあります。

その美容室では、白髪染めという言い方はせず、髪に色を入れるものはすべて「カラー」と表現していました。

それを聞いて、「白髪染めとおしゃれ染めは同じなの?」と質問したのがきっかけです。

美容室によっても違うみたいですけど、白髪に色をいれる場合は、ブラウンに発色するジアミン系染料が多く含まれているものを配合するんだそうです。

その点が違うだけで、他はだいたい同じものですね、という返答でした。

黒髪を脱色して、好きな色に染める場合と、白髪を化学反応で褐色に発色させる場合では、脱色剤とジアミンの配合量が違うということ、なのかなと思います。

いずれにしても、以前は髪に色をつけるには染めるしか無かったんですが、今は色んな方法があって、選べる状態になってます。

選択肢が多いのは、良い事だと思いますね。

白髪は染めるのと隠すの、どっちがいいかは、白髪の量によると思います。

私は白髪の量が多く、地毛の色も真っ黒なので、白髪は染めるしかありません。

でも、私の家族は白髪の量が少なくて、耳の上だけとか、後頭部の一部分だけに生えてくるんですよ。

世間を見回すと、全体的に数本ちらほら生えている、って人も多いんですよね。そんな感じだと、髪や地肌にダメージが強い薬剤を使って、髪全体を染める必要はないだろうなと思います。

白髪は染めなくても、隠れて見えなければいいのですから、白髪隠しを使っておけば、髪のダメージを抑えられますね。

耳の上など、顔周りの白髪にはマスカラタイプが使いやすいですし、後頭部なら筆タイプやファンデーションタイプが使いやすいです。

シャンプーすれば元の白髪に戻るタイプもあるし、少しずつ色が入って染まっていくタイプもあります。

マスカラタイプは乾きが早く、乾いた後は手で触っても色がついてこないものが多いです。

筆タイプは少しずつ白髪が染まるものが多く、液が乾くのは遅い感じです。仕事で白い帽子や三角巾をかぶる人は、注意が必要だと思います。

広範囲にわたって、たくさん白髪が生えてくる場合はやっぱり染めた方がいいと思いますが、少しの白髪なら、ダメージがない白髪隠しを使った方がいいです。

その方が、後あと薄毛になったりしなくて済むかもしれませんしね。

 

こちらもどうぞ

ウィッグで白髪隠し。白髪染めに疲れてしまった人にオススメ

白髪染めがイヤになって、ウイッグを使うようになりました。使ってみたら頭頂部にボリュームが出て、若々しくなり出かけるのも苦じゃなくなりました。値段の安い既製品から使い始めて、オーダーメイドのウイッグも作った私の体験談を紹介します。

白髪隠しにカツラはどう?

白髪を染めるのではなく、カツラで隠すという人もいます。使い心地や価格など、実際どうなんでしょうね。

 


このページの先頭へ戻る