サンカラーマックス

管理人の評価(平均:3.0点)
価格(税込) 5,400円

光で発色するタイプ。時間がかかるけど染まったらあとは落ちない

ヘアクリームのように、朝の整髪時に使って、蛍光灯や日光で感光し発色します。酸化剤やジアミンは不使用で、頭皮や髪に浸透しないので刺激もありません。

商品の使いやすさ ⇒ 

クリームをクシにつけて髪に塗布するだけで、放置時間もシャンプーも必要ありません。毎日、ヘアクリームなどで整髪する人には、特に使いやすいと思います。

均等につけられなくても、ムラにはなりにくいので不器用な人にも使いやすいと思います。

 

使用後の感じ ⇒ 2

乾いた後はパリパリになり、固まった感じになります。ふだん整髪料を使わない人や、ふわっとした髪型をしている人には向かないと思います。

乾いてしまうと汗で流れるようなことはありません。

 

白髪の隠れ具合 ⇒ 3

発色が光に当たった具合で変わるので、同じ人が使っても仕上がりがその都度違う印象です。数回繰り返し使うと褐色になります。

初めて使う場合や、あまり光に当たらなかった場合、発色が弱く赤く染まります。

 

色落ちの具合 ⇒ 

染まった後はシャンプーしても色落ちすることはありません。時間が経っても、あまり褪色しない印象。シャンプーの時のすすぎ湯にも、色はつかないし、汗をかいても色のついた汗が流れることはないです。

 

価格 ⇒ 2

本商品は150g入りで5,400円(税込)と、白髪隠しとしては割高な印象。一度染まってしまえばシャンプーしても白髪に戻らないので、使い続けなくても良い点を考えれば、妥当といえるかも。

公式ページでは、キャンペーンを行うこともあるので小まめに見ておくといいと思います。

 

一時的に隠すより、しっかり染まるタイプ

光で染まるタイプの白髪染めは色々ありますが、中でもサンカラーマックスはずっと以前から販売されていて、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

クリーム自体の色が白いこともあって、最初に見た時は、失礼ながら

「靴クリームみたい」

と思ってしまいました^^;

 

私はレディース用の、お試しサイズを買ったんですが、専用のクシがちゃんとついていました。

 

白髪隠しはブラシやコームと一体型になっている製品が増えてます。サンカラーマックスはチューブ式なので、クシを用意しなくちゃダメかなと思ってました。

でもちゃんとクシがついてきたので、なんとなく嬉しかったです。

 

さてこの白髪に使ってみます

 

前日シャンプーしていればそのまま、洗ってなければシャンプーして、タオルドライした髪に塗布して使います。

生え際の白髪が目立つ部分にクリームをつけていきます

意外に思ったんですが、白髪隠しとか白髪染めって、クリーム自体が茶色いものが多いじゃないですか。

ところがこれは白いクリーム。そして髪につけたからといって、たちまち色が変化したりはしないんですよ。

 

つけたては白髪が隠れるどころか、目立ったままになるんですよね。

なので、お出かけ前にさっと使って、その日だけ白髪が隠れればいい、という場合には向かないです。

お仕事に行くときとか、おしゃれして出かけるときには止めておいて、お休みの日とかに使うといいかもね、と思いました。

 

クリームをつけた部分に色がつかないため、どこにどれだけ付いたか分かりづらかったです。でも、クリームをたくさんつけると強く発色するわけではなく、強い光に長く当たった方がいいみたいですね。

私が使った日は、昼過ぎから急に曇ってしまって、あまり日光には当てられませんでした。

だいたい2時間くらい、陽が入る部屋で過ごして、発色はこんな感じ

 

赤味が強いんですが、ちょっと色がついてます。

たとえば外を歩いてくるとか、晴れてる時間がもっと長ければ、初めてでも、もっと発色したと思います。

実際、クリームを塗った日から2日間は使わないでいたんですが、クリームを使った場所は、少しずつ発色が進んでました。

私はレディース用で、明るいブラウンを選んだので、ピンクの強い発色になりましたが、メンズ用の方はもっと黒く発色するみたい。

男の人は、ピンクに染まっちゃうとちょっと困るかも知れませんもんね^^

 

サンカラーマックスは、通常の白髪染めと違って、髪の内部や頭皮に浸透しないんですね。髪の表面を染めるだけだから、頭皮や髪に刺激が少ないというわけです。

しかも髪をコーティングするタイプとも違うから、一度染まればシャンプーを続けても白髪には戻りません。

光にあてる、といっても、要は明るさのあるところにいればいいだけの話なので、直射日光がさんさんと当たるところにいる必要もないです。

というわけで、いますぐ白髪を隠して出かけたい、という場合には向きませんが、全体をしっかり染めるほどではない一部分の白髪を、隠し続けたい場合にはすごく便利じゃないかな、と思いました。

 

 

こちらもどうぞ

キスミー フェルム 白髪かくしスティック

安価でちょっと便利な化粧品を作っているキスミーの白髪かくし。スティックファンデーションタイプで、髪の表面に色をつけて隠せます。手を汚さずにつけられるので便利。仕上がりは自然ですが、ちゃんと色がつくまで何度か重ね塗りする必要がありそう。

レフィーネ リタッチカバー

色々なタイプの白髪染めを販売しているレフィーネから発売された、チューブ式で筆タイプの白髪隠し。出かける前に使い、少しずつ白髪を染めていきます。

利尻白髪かくし

髪を傷めない利尻ヘアカラーの、白髪隠しタイプが発売になりました。使ってみた感じをレビューします。

マキアレイベル ナチュラルヘアカラーリタッチ

「薬用クリアエステヴェール」という美容液ファンデーションで有名なマキアレイベルシリーズの白髪隠し。長さ・柔らかさがちょうどいい筆タイプで優秀です。

シラガネーゼポイントリッチカラー

通販サイトで人気の高い白髪かくし、シラガネーゼポイントリッチカラー。シラガゼロとそっくりですが、使ってみた感想を紹介します。

シラガゼロ ポイントリッチヘアカラー

シラガゼロポイントリッチヘアカラーは、筆タイプの白髪隠し。生え際などの白髪を隠すのに使え、少しずつ色も染まります。実際に使ってみた様子を紹介しています。

ラサーナ ヘアカラースティック

ヘアトリートメントが人気のラサーナから発売されている、スティックタイプの白髪隠しです。手軽に白髪を隠せるか、実際に使った様子を紹介しています。

 


このページの先頭へ戻る