ウエラトーン リタッチコンシーラー

管理人の評価(平均:3.2点)
価格 1,227円
※Amazon参照
商品タイプ ファンデーション
カラー(3色)
  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン

WELLAの白髪隠しです。アイシャドーのような見た目で、ブラシでつけるパウダータイプ。

頭頂部のボリュームをなくさず、白髪を隠すことができます。ブラシの柄が長く、色が手につきにくい点が嬉しい工夫。

商品の使いやすさ ⇒ 

柄が長くコシのあるブラシで、とても使いやすいです。分け目や生え際を少ない回数でサッと隠せ、便利です。

パウダータイプですがウォータープルーフで落ちにくい点も良いです。

 

使用後の感じ ⇒ 3

色が濃いので、明るい髪色だとそこだけ妙に黒い感じになります。ふだんダークブラウンのヘアカラーをしている人は、もうひとつ明るいブラウンにしておくといいかも。

色味があえば、とても自然に仕上がります。

 

白髪の隠れ具合 ⇒ 3

分け目や生え際の白髪なら、サッと隠せます。パウダータイプなので、頭頂部の薄さが気になっている人にもいいですね。

 

色落ちの具合 ⇒ 3

汗ばんでも浮いてこないし、色落ちは心配ありません。ただ、手で触ると少し粉が付くので注意は必要です。

 

価格 ⇒ 3

販売店によって多少バラツキがあるようです。だいたい1,300円から1,500円くらいで販売されています。

一度に隠したい白髪の量にもよりますが、分け目や生え際だけならあまり量も使わないので、すぐになくなる、ということもありません。

標準的な価格ですが、コスパはいい方ですね。

使いやすいブラシと、見た目の良さがポイント

ウエラトーンリタッチコンシーラーが他の白髪隠しと違うのは、見た目がとてもオシャレだという点です。

コンパクトタイプはこれまでにもありました。でも、これはケースを開けてもまず、白髪隠しだとは思いません。

まるでアイシャドーみたい

 

ファンデーションタイプだとスポンジが黒くなっちゃうのでケース内が汚れやすいんですが、こういうタイプだと汚れにくくて良いです。

さてこの白髪に使ってみます

 

根元に色をつけやすくするために、ピンで止めておきました。

まず筆にパウダーをたっぷりつけます。

このブラシが、けっこう粉ふくみが良くていいんですよ。

 

白髪をなぞるようにして、つけていきます

パウダータイプの白髪隠しは、あまりハッキリ色がつかないものが多いイメージがあるんですがこれはしっかり色がつきます。

これは使えそう~。

 

ウエラの製品なので、同メーカーの白髪染めを使っている人が、次に白髪染めをするまでの間に使うのにも良さそう。色が合いますからね。

白髪隠しは液体をブラシやコームで髪につけるタイプが多いんですが、それだと髪のトップにボリュームがなくなっちゃう。

その点、パウダータイプはボリュームをなくさず、ふわっとしたまま白髪に色がつけられます。

その分、水分には弱かったイメージがあるんですけど、これは一度密着すると落ちにくいですね。

もちろん、シャンプーすれば落ちます。

ブラシの柄が細くて長く、手に粉がつきにくい点も使いやすくていいと思いました。

 

難をいえば色選びが難しい点でしょうか。

と、いってもふだんウエラの製品で毛染めをしている人なら、適合する番号がわかりやすいのかも。

公式サイトに紹介されてますから。

でも別のメーカーの白髪染めや、ヘアカラートリートメントなどを使っている人が選ぶ時は、ちょっと気をつけたい点が。

というのも、ウエラリタッチコンシーラーは色味が暗いんですね。

だからいつもは「ダークブラウン」で染めてる、という人がウエラリタッチコンシーラーのダークブラウンを選ぶと、黒いなあと感じるかもしれません。

もっとも、白髪を隠したいのですから暗くなる分にはかまわない、という場合はかまわないでしょう。

色の段差が出来ない方がいい、という場合は、より明るい色を選んでおくといいかなと思います。

1,500円程度と値段も手頃で、スーパーやドラッグストアでも販売されていて手に取りやすい。

アイシャドーみたいな見た目と使いやすさで、好印象の白髪隠しでした。

 

販売ページはこちら
(Amazonに移動します。)


このページの先頭へ戻る